Jetson TK1 で USB WiFi ドングルを使う

以前 RaspberryPI で USB WiFi ドングルの話を書きましたが、同じものを Jetson TK1 で使えるのでは?と思って試してみました。

予想外にも、装着して起動してみても wlan0 のインターフェースは出現しませんでした。よくよく見るとドライバっぽいものはロードされており中途半端な感じです。
起動ログを確認すると rtlwifi/rtl8192cufw_TMSC.bin がロードできない意が出力されており、確かにファイルがフォルダごと存在していませんでした。

http://elinux.org/Jetson/Network_Adapters の部分を確認すると USB WiFi アダプタとしては使用可能な部類になっています。しかし丁寧にこの表の下部を読んでみるとそこにダウンロード先が書いてあります。 rtl8192cufw.bin.zip というものです。

このファイルをダウンロードして展開すると、見事に rtl8192cufw_TMSC.bin があるので、これをドライバが期待するパスに配置してあげます

これで再起動すると無事に wlan0 が使用可能状態となり、ネットワークが使用可能となりました。

またパワーマネジメント関連も同じようにあるのか?と確認したところ、
/sys/module/rtl8192cu/parameters の中にはそのような項目が存在しませんでした。
ただしばらく放置してみて、外部からTK1に向けて ping を打ってみると反応しませんでした。同じような気配です。対処する方法についてはまだ見つかっていません。

今回の件とは違う話になりますが、JetsonTK1はシステム全体がもっさりとしている気がします。Raspberry PI ではその重さとかは感じませんでしたが、同じディストリビューションではないですし、簡単に比較はできません。(Ubuntu vs Debian ですし)
RPI2が非力なことを自覚しておりそれに合わせたディストリビューション選択、および、コンポーネントの導入をしているため自分の思っていた以上に軽快に動いていた感なのかと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする