DirectX11の場合のシステムメモリとVRAM消費について


今までは OpenGL の場合を調査してきました。今回は DirectX11の場合を調べてみようと思います。ドライバが一緒ならきっと同じ傾向を示すんじゃないかなと予想して実験をスタートです。

実験

DirectX11のプログラムとして、100フレームごとに頂点バッファ 32MB を確保し、次フレーム以降はこのデータを使って描画するプログラムを作成しました。
各フレームでの各メモリの使用状況を取得して、グラフ化しました。

実験は以下の環境で行いました

  • GTX750Ti Windows 7 347.09
  • RADEON HD 5450 Windows 7
  • RADEON HD 5450 Windows 8

結果

それぞれの実験結果のグラフを以下に示します。

nvidia_memory_graph_dx11_win7

radeon_memoy_graph_dx11_win7

radeon_memoy_graph_dx11_win8

NVIDIA も AMD も同じような挙動を示す結果となりました。また VRAM が使用可能な状態であれば、追加のシステムメモリの消費もなく良好といえそうです。(とはいっても追加のメモリを要求されたのは NVIDIA OpenGL の場合のみでしたが)。さすが仕様が決まっている DirectX といえるかなと思います。
 ちなみに RADEON のほうのグラフ末尾がおかしなことになっていますが、このときアプリは相変わらずフリーズ状態になってしまいました。ですので、システムメモリを VRAM リソースとして使用始めたらやや注意が必要になっていきそうです。ビデオメモリ仮想化が入ったといわれる現時点においても、なるべく搭載量を超えないようにするのはマナーとしておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする