ゲームエンジンアーキテクチャ感想 その2


ざっと一通り読めた。
軽めにながした部分は、物理&コリジョンの部分。個人的に参考になったのは以下の点です。

  • アニメーションの合成
    • 加算アニメーション
    • ブレンディングの注意点
  • ゲームループ
    • マルチスレッド時のループ組み方の例
    • ゲームクロックの概念
  • デバッグのための機能
    • 実行時間プロファイリング
    • コリジョン可視化

特に、アニメーションの部分はかなりのページを割いてあることと、
従来の書籍などでは語られてない部分で、
かなり勉強になるなと思いました。

エンジンのアーキテクチャを語る書籍という点から、
ゲームエンジンでのレンダリングシステムについては
あまり語られていなかったのは残念です。
一般的なレンダリングパスをどのように処理するかという点も気になっていたのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする