OpenGLでOut of memory とメモリの関係 (AMD)

今まで NVIDIA のもので調べていたので今回は同じプログラムを AMD Radeon 5450 を使ってデータ取得してみました。

  • Windows 7 x64 (2GB)
  • AMD Radeon HD 5450 (1GB)
  • ドライバは Catalyst Omega 14.12

プログラムは OpenGL を用いて 32MB 単位で頂点バッファを 300 フレーム間隔で確保していくものです。作成後、 Out of memory のエラーが返ってきたら終了します。

実験結果

何度か動かしてみましたが、 GL_OUT_OF_MEMORY のエラーが取得できませんでした。あふれた状態になったと思われるときには、アプリケーションがフリーズ状態に陥りました。 SwapBuffers の実行内部で無限ループしているような気配でした。
 この状況になるまでのデータで、システムの使用メモリ、 VRAM の使用量、共有メモリの使用量をグラフ化してみたものが以下のようになります。 NVIDIA の場合とは傾向が違っていておもしろいです。

radeon_ogl_outofmemory_log
今回の場合は、 VRAM に配置できる場合にはそちらに配置して、システムのメモリは消費しないようにみえます。実際にこのタイミングではプライベートヒープが増えているような感じではありませんでした。 観測タイミング次第によっては glBufferData の中身のテンポラリの DMA 転送タイミングで作業バッファぽいものが見えたりしますが、数フレーム後解放されたりしました。 VRAM に配置できない状況になったときに、初めてシステムのメモリを消費しての共有メモリ使用増加が観測できました。おおよそ 1.6GB ほどの使用量になったときにアプリケーションがフリーズ状態に陥ったように見えます。この環境ではビデオアダプタのプロパティで確認できたのが「利用可能な全グラフィックスメモリ 1791MB」とあり、最大値であるこの値にまで到達したのかなと思っています。

感想

AMD のグラフィックスドライバは余計な(?)システムメモリを消費しなかったので、 OpenGL 実装でも無駄はないという点に関心しました。一方で、メモリあふれのエラーを検知できないのはマズイですね。無駄なメモリは確保しないから、溢れさせないよう気をつけてアプリケーションを実装しましょう、ということでしょうか。

おまけ

同じようなテストを Windows8 (64bit) に切り替えて行ってみました。おおよそ同じ傾向になりました。ただシステムメモリの細かな変動が観測され、作業メモリとして使用している部分がみえたのかなと思っています。(これは以前に glBufferData 直後での内部動作でそのような動きを見せたためです。)
ドライバが標準的に導入されたものを使用し、 Catalyst Omega ではない点ももしかすると影響しているかもしれません。
radeon_ogl_outofmemory_log_win8

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする