XenServer on VMware


VMware Workstation7 の仮想マシン環境で、
XenServer 5をインストールしてみました。

しかし、どうやら完全仮想化はサポートされない模様。
仮想マシン内で仮想マシンが正しく動くって言われているのは、
サポートリストにあるESXi4だけなのかも。

この環境では、Hyper-Vはそもそもインストール不可のため、
XenServerの場合はどこまで試せるかを実験してみたいと思います。

VMware上でXenServerをインストール

無事にインストールは完了。
途中で警告が出てきますが、これが完全仮想化使えないよって意味合いのメッセージでした。
わかりやすく”Windowsは使えないです”って文章が出てきたと思います。

この上にのせる仮想環境としてCentOSを考えているため、
linux用の追加ディスク(パッケージ)もインストールしておきます。

CentOSをインストール

仮想マシンにCentOS 5.2, 5.4 のそれぞれx64版をインストールしました。
インストール時にGUIが使えなく、テキストベースのインストールをする必要があります。

インストール後は問題も起きず、正常に起動出来ました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする