MIPS Creator CI20 用Mingw版クロスコンパイラ


先日のものでは Hello,World 程度のコンソールアプリでは問題なかったものの、他のライブラリをリンクした際に正常に処理できなかったので、早速クロスコンパイラ関連を作り直しました。

今回の物も完全とはいえないのですが、まだ使えるようになったと思うのでここに公開したいと思います。

使い方・注意点

適当な場所に展開して下さい。デバッガーとしての gdb が少々怪しく、 eclipse からは mipsel-unknown-linux-gnu-gdb_for_eclipse を使用し、コンソールでがんばる方は mipsel-unknown-linux-gnu-gdb を使うようにしてみてください。なぜか後者の方は eclipse からうまく扱えなかったので・・・。またデバッグ時にはターゲットの lib らの情報が欲しいようなので、 sysroot ディレクトリを gdb の set sysroot で設定してあげるようにしてください。

なお、本ツールを用いての不具合等については当方で責任は負いかねますので、その点をご了承下さい。

ダウンロード

前回の公開記事のほうでリンクを張り直しました
新ファイルイメージ公開のため、クロスコンパイラの作り直しを行いました。こちらのほうをご参照ください「クロスコンパイラ (MIPSCreatorCI20 / Jetson TK1)

補足

今回のクロスコンパイラを用いて、簡単な OpenGL ES 2.0 のアプリケーションを Windows で作成して実行してみました。ターゲットに含まれていた各ライブラリをリンクして無事にアプリができたことを確認してみたつもりです。

ci20_gles20

なお CI20 では一見、普通の OpenGL が使えるようにライブラリが含まれているように見えましたが、実際のところは glCompileShader 関数で Segmentation Fault してしまいます。 OpenGL ES 2.0 で処理を記述すれば問題なく glCompileShader も正常終了しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする