ATIのドライバ


catalyst 10.7の挙動が不満だったので、以前の状態にしようとしてかなり大変だった。
結論として、バージョンをあげてしまったらもう後戻りできないということみたい。DriverSweeperとか使ってみてもだめだったのでどうしようもない。

この結論に至る前にはいろいろとありました。
発生した症状を書いてみます。

  • glTexImage2Dで、アクセス違反により落ちることがある。
    • デバッグで止めながら実行していると発生しにくい。
  • コンパネからのアンインストール中でBSoD発生
    • この時点ですでにいろいろと破壊された可能性は高い。
  • ChoosePixelFormat呼び出しでドライバ内部でアクセス違反発生。

まとめ

やっとまだマシになったのでそのときのメモを。
ドライババージョンをあげるときでもDriverSweeperできれいにしてからあげる。

これによりCatalyst10.7使っても、glTexImage2Dで落ちないし*1
ChoosePixelFormatで落ちることも無くなりました。

しかし、こんな挙動示すなんて…ATIのボード&ドライバは使いにくくて仕方ないです。
NVIDIAのほうがこの部分に関しては優れている気がします。

*1 : ダメでした。動かしていると落ちることが出てきた…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする