モデル読み込み


自前で読み込んでみる

DirectXの .xファイルを自前で読み込んで表示させてみました。
以前試行錯誤しながらがんばっていたConvertToIndexedBlendedMeshのニセモノを使って表示させることが出来るようになりました。

自分で変換するため、OpenGLの描画においても使用可能です。
以下にその例を表示してみます。

画像 補足
model_draw.png DirectでもOpenGLでもスキニングメッシュを読み込んで表示できてます。
さすがにシェーダーは別々に作成の必要がありますが…
モデルはキツネもどきさん作です。ありがとうございました。

OpenGLでも .x を使えるようになったため、プログラムが組みやすくなるかなと期待しています。

色々と作ったらこのWebに公開してみたいなと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする