Realtek の NIC で VLAN を処理する

ここでの VLAN は タグVLAN を指しています。
タグ付きのパケットを Realtek NIC が受信して、仮想的なNICインターフェースに振り分けてくれる、そういう感じでサポートしてくれるようです。
L3スイッチのトランクポートを直接このNICと接続する感じでしょうか。

RealtekのWebから、 Windows Diagnostic Program を入手してインストールします。
ネットワーク向けIC / Network Interface Controller / PCI Express / Software と辿っていくと、見つかると思います。

設定方法

VLAN 追加のボタンを押して、VLANのタグIDを指定し、仮想NICを追加します。このとき割と長めにアプリが応答しなくなるのですが、焦らずに待ちます。

追加するとこんな感じになります。ここでは2つほど追加してある例です。
realtek_vlan_1

このとき、デバイスマネージャーではこんな風になっています。仮想アダプタが増えています。

realtek_vlan_devmgmt

動作確認

タグVLANを設定できるスイッチを用いて、動作を確認します。
このスイッチのトランクポートと設定したPCのRealtek NICをLANケーブルで結びます。
そして、とりあえず それぞれのIPに対して Ping を打ってみることにします。

VLANのインターフェースのIPをこのように設定しておきます。

  • VLAN 100 192.168.0.100
  • VLAN 101 192.168.0.200

そしてそれぞれのタグ付きポートに別のPCをつないで、それから上記のIPにPingを打ってみて、同一のタグに所属するIPのみ通ればOKかと思います。
少なくとも手元の環境のRealtek 8111Fと標準ドライバの環境ではPINGを正常に受信できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] デスクトップでうまくいったときの設定記事はこちらに。 […]