VisualStudio 2013をインストールしてみた


MSDNのほうではVisualStudio 2013がRTMになってダウンロード可能となったのでインストールしてみました。
今回はその記録です。

まず素のWindows7にインストールしようとしたら、セットアップできませんでした。
InternetExplorer10 を要求するようです。
DirectX SDKを使って開発している場合にはこれが少々問題になって、IE10インストール後はPiX for Windowsが使用できなくなるようです(詳しくはこちら)。
IE10のインストール後は、VisualStudio2012の付属のツールを使って調査して下さい、ということのようです。
・・・でもこれだとDirectX9が非対応のようで残念なのですが。時代的にもうDirectX9は積極的なサポートのほうは終了という意思の表れのように感じます。

ランタイムで気になった物のバージョンを調べてみました。

  • .NET Framework 4.5.1
  • VCランタイム 12.00.21005.1
  • Windows Kitsフォルダ内には 8.0 と 8.1 の両方のファイルが存在
    • d3dcompilerもそれぞれにあった。d3dcompiler_46/47.dll, d3dcsx_46/47.dll となっていて、これらは再配布可能フォルダにあった。

Windows8 RTMでは .NET Framework 4.5 だったのでわずかに上がってます。Windows7 SP1のころでは、.NET Frameworkは 3.5.1だったので、4がスキップされてますね。

最初に起動すると、サインインを求められました。
Microsoftアカウントに情報が関連づけられて、他の環境での作業時にもサインインすれば同じ設定を引き継いで快適な作業をすることができる、というもののようです。
デスクトップとノートPCやサブPCで作業を行ったり来たりする場合には有効そうです。自分の場合にはそういう状況は今現在はないので有効活用はできなさそうな感じです。

早速DirectXのスキニングメッシュのサンプルでも試してみようかと思ったら、オンラインでは見つからず、DirectX SDKの中の物を持って行くことにしました。

プラットフォームツールセット項目で、最初から v120_xp という項目も選択できるようです。デフォルトでは v120 ですが、XP用を開発する必要がある場合でも最初から使えるというのはよさそうです。
HLSLシェーダーファイルを追加するとプロジェクトのプロパティにはHLSLコンパイラという項目も増えるようです。

他におもしろそうな項目が増えていたりはしないようです。

2012のころにはCPUプロファイラが入っていましたが、2013のほうでもそのまま存在しているようです。Vtuneとか高いですし、こちらのほうで十分な感じです。関数単位でどこが重いのかわかりますし、コールグラフっぽいものも表示できますし。
・・・以前関数プロファイラライブラリ作っていたけど、この機能が使えるなら不要な気がしてきました。自作のほうの優位点といえば、関数負荷の割合ではなく実行時間をとれることくらいしか。VSのほうはサンプルの割合なのでパーセントでしかでないんですよね。

DirectX SDK (2010June)をインストールして、2013で使えるようにしてみます。
とはいっても基本的には 2012での作業と変わらず、明示的にインクルード設定してあげるだけで良さそうです。

Skinning10とSkinnedMesh を試しにビルドして実行してみました。
両方とも問題なく動作しましたが、案の定 SkinnedMeshのほうはDirectXのデバッグありでは動作させられませんでした。フレームのキャプチャとかできなかったです。
もちろんSkinning10のほうが問題なく動いているような感じでした。
(IE10が入っていてももちろん動作できたという確認です)

debug_dx10.png

たまたまメニューから製品の登録という項目を開いてみたらこんな感じになってました。
サインインしていないと、試用期間のままのようです(プロダクトキーを入れるとこれは解除されるとの情報もあります)。

regist_product_2013

コードエディタの方もかなり補完が聞くようになっていて、便利になっていました。
括弧の始まりを入力すると、終わりを自動的に入れてくれたり、スニペット周りが楽になっていたり。
便利になったにもかかわらず2010から2012の移行の頃と比べると今回は違和感なく乗り換えられそうな印象です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする