VisualStudio2010でのWinSxS


VisualStudio2010では、またサイドバイサイド(Side by Side:SxS)の状況が変わっていた。どうやら、WinSxSを使っていないようです!
C:WindowsWinSxs の中を見ても vc100用のランタイムは入っていませんでしたし、
VS2010インストールフォルダ内のdll群をチェックしてみても、
埋め込みマニフェストすら入っていませんでした。

さらには、2010で作成されるexeの中の埋め込みマニフェストをみてみても
ランタイムのバージョンに関するものは記載がありませんでした。

ちなみに、VS2005/2008では、世間で有名になっているとおり
サイドバイサイドが使用されており、ランタイムの単純コピーでは動作しないようになっていました(一般的には)。
ユーザーはマイクロソフトより再配布ランタイムのパッケージをダウンロードして、インストールする必要がありました。

今回の2010での変更は、従来のdll単純コピーで済ますことが出来るという点では手軽になったと思います。
しかし、懸念されるのは一昔前のDLL-HELLです。また同じ状況が起こる可能性があります。

所感

WinSxSがそうとう厄介問題だったのは知っていましたが、
新バージョンで取りやめるほどとは思いませんでした。

以前のランタイムもマイナーバージョン間では単なるリダイレクトになっていたし、
全て新バージョンのランタイムで置き換えてきた現実からこのような方法に変更になったのかもしれません。
「今までも全て新しいものに置き換えてきた。今後も大丈夫だろう。
VCではWinSxSを廃止して、dll直配置を認めた方がサポートも楽になる。」
というような思惑だったりするのかも、と思ってます。

昔のようなバージョン依存は現在となっては低そうということでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする