メールサーバーにSPF設定


メールサーバーを構築して、いざ gmail のアカウントに到着するか?!と試したところ、迷惑メール扱いされたので対策してみました。これから記すのは OpenDKIMをインストールして SPF の設定を行った流れです。


まずはOpenDkimのインストール。

/etc/opendkim.conf を開いて修正。下記にある項目をデフォルトから変更した。

KeyTableの設定。 /etc/opendkim/KeyTable を開いて編集。

TrustedHosts の設定。 /etc/opendkim/TrustedHosts を開いて編集。

SigningTableの設定。 /etc/opendkim/SigningTable を開いて編集。

生成した情報を、DNSサーバーに登録する

cat /etc/opendkim/keys/mydomain.com/default.txt
で表示された内容をDNSサーバーに登録する。

エントリ名: default._domainkey
種別: TXT
値: v=DKIM1; k=rsa; p=MIGfMA....B

エントリ名: _adsp._domainkey
種別: TXT
値: dkim=unknown

最後にPostfixの設定を更新して、署名が入るようにする(main.cfを編集)。

smtpd_milters = inet:127.0.0.1:8891  # 設定末尾あたりで追記

ひとまずここまでやってメール送信してみたところ、gmailのほうでは SPF=pass となり、迷惑メール扱いからは脱出することができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする