LinuxクライアントでL2TP


L2TPについてLinuxをクライアントとして用いて接続を行ってみました。Windowsをクライアントとする場合、OS標準でサポートしているため単なる設定を行えばつながるようなので。

なお、サーバーは手軽にSoftEtherのオープンソース版で実験してみました。

スポンサーリンク

Linuxクライアント

CentOS 6.4 x64を用いました。
softetherのLinux版を用いたら簡単に終わりかと思っていたのですが、L2TPで接続できなかったため、別の方法でチャレンジしました。

基本的にはこちらの記事(CentOS 6.0 で L2TP-VPN に接続する)を参考に行いました。

openswanとxl2tpd をyum でインストールして、環境設定を行っていきます。

/etc/ipsec.d/connection.conf はほぼ同じでこんな感じ

ちょっと違ったのは、/etc/ipsec.d/ipsec.secrets で、接続先を指定しました。

/etc/xl2tpd/xl2tpd.conf の設定もまた少し変えました。
なぜか一定時間経過すると L2TPのコネクションが切れてしまうので、再接続の項目をいれてあります。

また、L2TP 接続で使用する認証アカウントは “/etc/ppp/chap-secrets” や “/etc/ppp/pap-secrets” に記述するのですが、これもまた少々変更して、接続先名をアスタリスクにしています。こうしないとなぜかサーバーがアカウント情報を参照してくれませんでした。

一応これで接続はできるようになったのですが、途中での切断のこともありますし、若干不安定な気もします。またWindows環境ではデフォルトではNATトラバーサル無効とかのようですし、L2TPの魅力が減ってしまったため、実際の運用はしない感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする