OpenGLのメモ


テクスチャのアドレッシングモードで、
境界色へのクランプってソフトウェア処理と思っていたが、
ちょっと前からそれは違っていたらしい。発覚したのは GL_CLAMP_TO_BORDER について調べてみたからで、
ある海外サイトによると、GeForce2のころはソフトウェア処理となっていたようだ。

あと、GL_CLAMP_TO_BORDERが3.0仕様では deprecatedになっている!という
記述を見かけたけど、OpenGL 3.1の仕様書を見てみたところ、
普通に記載があった。海外サイトのコメントをみていたら廃止というのがミスだったようで…

廃止になったのは、GL_CLAMP のようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする