DirectXのデバッグランタイム不具合


Windows7 (x64)の環境で、DirectX9を用いた開発を行おうとすると、
SDKのバージョンによっては問題を引き起こすことがわかった。検索しても海外でしか、同じ症状が発見されず、また解決法も不明だったので、
問題のあるバージョンを使用しない方法でしか解決が出来ないようだ。
それでも、別バージョンを使えばOKという点はまだ救いなのかもしれない。

問題

Windows7(x64)において、DirectX9のデバッグランタイムを有効にすると、
CreateDeviceで失敗する。
そのときのエラーメッセージは次の通り。

コメントもらったので修正
試したのは全て、Windows7(x64)環境下です。
x86環境では問題が起こらないのかもしれません。
どうやらx86,x64環境ともに発生するようです。

SDKバージョン 使用可否 Windows仕様
2008Nov 使用不可能 Win7(x64)
2009Mar 使用不可能 Win7(x64)
2009Aug 使用可能 Win7(x64)
2010Feb 使用可能 Win7(x64)

まとめ

このような結果になったので、Windows7環境でまともに使おうと思っても、
古すぎるSDKは使いにくい。2009Augがいいところだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. てぃあの より:

    当方Win7の32Bitですが、2008Novで同じ状況でした。
    ご報告まで。
    新しいDirectXSDKにするしかないようですね。

  2. slash より:

    > てぃあのさん
    コメントありがとうございます。
    そうですか、Win7 32bit版でも症状は変わりませんでしたか。
    Windows7においては、まだ歴史が浅いですし、
    ベストなSDKを探っていこうと思います。