VMware-serverとHyper-Vの共存


WindowsServer2008R2で、
VMwareServer2.0.2とHyper-Vは同時稼働できないのかもしれない。

以前は出来たような気もするけど、
VMwareServerをインストールして、Hyper-Vの役割インストールという方法で試した。

しかし今回逆に
Hyper-Vを構築の上で、VMwareServerをインストールしようとした場合、
インストーラーでHyper-vの動作を検知されインストールできない旨が表示された。

このことから実は両方同時に1つの環境に入れるというのは、
まずいことだった!というのが推測できる…

なぜそんなことを思いついたか

Hyper-Vで半月ばかり稼働させていたが、
今回Hyper-Vマネージャから仮装マシンへ接続が出来ないという症状に見舞われた。
リモート操作を許可しているVMならまだ方法があるが、そうでないものは画面を開けない以上強制シャットダウンしかない。

ここから先は推測だけど、
何かがリソースリークしているのではないだろうか・・・。
うちでは CPU i3であるけど、標準VGAで運用している。このあたりに問題が何か潜んでいるかも。
こうなっている理由は、WindowsServer2008R2(x64)に今公開されているグラフィックドライバを入れたら
Hyper-V有効化時に、ブルースクリーンに見舞われたからである。

そのときのエラー内容をみるに、グラフィックスドライバ(kernel内)でアクセス違反を起こしていた。

いつかなおってくれるといいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする