Let’s note R5にWindows7を入れてみた


R5にWindows8をインストールしてこれで使っていこうと思っていた矢先、どうにも不安定&遅い感じがしたので結局のところWindows7をインストールすることにした。

異常に発熱している気がしたので、分解してCPUのグリス塗り直ししてみたけど、多少効果が見られたものの時間稼ぎでしかなかったようでした。また増設メモリを取り外すことでマシにはなるのですが、これでは動作が重すぎてWindowsUpdateすら適用できない状況なので、採用は見送りです。

こういった結果、Windows7を入れることにしました。やってみるとWindows8の手順よりは遙かに楽で、工場出荷状態XP SP2からすんなりWindows7はインストールできますし、各種ドライバもVista対応キットのものが使えるし、導入はすんなりできました。

結局発熱は無線LANの影響によるものが大きそう。使うときだけONという運用でしばらくやってみようかと思います。
しかしそろそろR5も動作速度という点で非力さが目立ってきました。B5サイズでいい感じのものが出ないのかなと思っていますが、Ultrabookというものが何となくバッテリ持ちという点では競合になるし、コンパクトさより薄さ、な現在では難しそうに感じます。。。

前回のLet’s note R5にWindows8を入れてみた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする