Windowsサーバーを移行する(XenServerからHyper-Vへ)


ドメインサーバーを移行するための手順の覚え書きです*1
試す場合には自己責任でお願いします。

*1 : まだ未完。でもうまくいきそう

WindowsServer2003 on XenServerをHyper-Vへ移行する

準備

元マシンで”システム状態”のバックアップを作成

  • アクセサリ/バックアップ
  • 詳細モードで起動
    • システム状態のバックアップを作成する

仮想HDD(VHD)を作成

XenConvertをインストールして、
CドライブをVHDに変換します。

仮想マシンを作成

作成したVHDファイルを使用して、仮想マシンをHyper-Vで作成します。
そして起動させます。
→ おそらくここでエラー. ログイン状態まで持って行けません。

事前に作成したバックアップを使って、復元させます。
F8を押して、ディレクトリサービス復元モードで起動。

  • バックアップを起動
    • 復元モードでウィザードを開始
    • 復元する項目を展開していって、System Stateが左側のツリーで表示される状態にする
    • そして、そのSystem Stateにチェックをいれる。
    • 既存ファイルを置き換えるようにして、詳細モードを設定すること

左側のツリーでSystem Stateまで展開しないとチェックをいれられない点でちょっととまどいました。
このあと再起動すると、以前エラー終了した部分が通過できます。

しかしまだエラーが残っている模様
“スタートアップの最中、少なくとも1つのサービスまたはドライバにエラーが発生しました。”
と出る。
それでもしばらく放置しておくと、ログイン画面までは遷移できたので、少しずつは稼働できそうな予感。
ログインして、何がエラーとなっているのかを確認する。

ログインしてみた

大幅なハードウェア変更と警告されて、再起動を要求されるがキャンセル。
そして統合サービスツールをインストールする(インストール後再起動).

またライセンス認証を聞かれるが、キャンセルして継続。
今度はエラーとなったサービスもなく起動完了。

まだライセンス認証通してはいないが、うまくいきそうなところでいったん中断です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする