SBS2003R2続き


サーバー自身から自分のcompanywebアドレスに繋がらない件をやっと修正することが出来た。
そもそもこの症状は、2003R2の状態から、WindowsUpdateを適用すると起こるようだ。

  • InternetExplorer6累積セキュリティパッチ

を適用した時点で発現した。

これを回避する方法を探し回ったあげく、先日のKB961143とか適用という部分に行き着いたのだが、
そのパッチを当てることすら出来なかった。

今回、やっと回避することが出来たので、その方法をここにもきちんと書いておこうと思う。

方法

レジストリエディタを使用する。

HKLMSYSTEMCurrentControlSetLsa
の部分に、新規のDWORDキーを作成する。
キー名:DisableLoopbackCheck
値:1
でキーを作成および設定ののち、再起動する。

これで自身のIEからcompanywebに接続できるようになった。

参考にしたMSの文献は、これである。
http://support.microsoft.com/kb/896861/ja

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする