VisualStudio 2012 でのプロジェクトの依存関係


VisualStudioではプロジェクトの依存関係を設定すると、その設定された依存先が出力するライブラリを暗黙的にリンクしてくれる機能が、かつてはありました。VisualStudio 2008のころにはよくお世話になりました。
しかし、VisualStudio 2012で同じことをやってみても、どうもその暗黙的なリンク機能が働かないようです。
正確には、従来の手順だけでは働かないということだったのですが、今回はこの方法を記事にしたいと思います。
また今回の内容は 2010からの挙動変更のようです。

  1. 従来通り、依存関係を設定した複数のプロジェクトから構成されるソリューションを作成します。
  2. この中のアプリケーション側のプロジェクトのプロパティを開きます。
  3. 共通プロパティを開き、「新しい参照の追加」ボタンを押し、依存先のプロジェクトにチェックを入れる

この手順を行うことで、従来の挙動のような暗黙的なリンクを行うことが出来ます。

なお注意点として、この参照の追加で自分自身をいれないこと。入れてしまうとよくわからないエラーが発生してしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする