WinSxS問題


Windowsのサイドバイサイドって、
強力な仕組みなんだけど、その強力さ故色々と面倒なこと引き起こしてるなぁと思います。

昔DLL HELLとか散々な目にあったからこそ作られた仕組みであると理解しているけれど、
今食らっている状況はWinSxS HELLともいえるような気がします。

マニフェストファイルを作成して、実行体と同じ場所にDLLを
プライベートアセンブリとして配置する方法でトラブル。

dllが要求するものと、exeが要求するものと同一アセンブリ名、異なるバージョンアセンブリ
という状況が出たときに問題は起こる…。

通常サイドバイサイドのポリシー設定により、適切にリダイレクトがかかるために
上記の問題は起こらない。なぜならば同一の参照先を示すことになるから

現在回避策を調査中・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする