Redmineによるリポジトリ管理機構について

どうやら、設定で自動更新としても、
メニュー項目から、リポジトリを覗いたときに初めて情報を取得するようだ。

だから、毎回”活動”のページを開くだけでは、
ソースコードの状況を確認することが出来なかった!

そこで次のようにして、この問題をとりあえずは解決することにした。

  1. 自動更新のチェックを外す
  2. redmineユーザーのcronにスクリプト実行を設定

エンコーディング

他にもソースコードのエンコーディングが怪しかったので、設定を見直してみた。

「管理」/「設定」/「リポジトリ」/「リポジトリのエンコーディング」
とたどって、次のように設定。

utf-8,shift_jis,euc-jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする