delegate


サーバー方針

VMごとに同じサービスを提供することもあるのでDelegate導入を決定。

  • httpとかftpとかはリバースプロキシで運用することにする。
  • pop/smtpはリバースプロキシとはならないので、代替案にて対応

振り分けはDelegateに任せるか(専用VM)、ルーターで何とかするか、の2つの方法でがんばってみることにする。

Delegate導入

本家サイトより delegate*.tar.gz をダウンロードしてくる。
そして、中身を展開する。

wget http://www.delegate.org/anonftp/DeleGate/delegate9.9.2.tar.gz
tar xvzf delegate9.9.2.tar.gz

cd delegate9.9.2
make

展開後makeしようとしたら、gccなどのコンパイル環境入ってなかったため、
yum install gcc などでインストール。

また、cc1plusがないと言われて yum install gcc-c++ も追加

各種ディレクトリを作ってdelegateを動かす準備.

mkdir -p /usr/local/delegate/bin,conf
cp src/delegated /usr/local/delegate/bin

mkdir /var/log/delegate
chown -R nobody:nobody /var/log/delegate

これで動かす準備が整った

SMTPについて

リバースプロキシとしては無理そうだったので、
プライマリメールサーバーとセカンダリというような感じで1つが代表して受信、その後リレーをするということでなんとかしようと考えた。

きちんとしたDNS立ててMXレコード設定出来る状況だったら、delegateでうまく出来ると思います。

セカンダリという位置づけながらも、それを利用するユーザーにとっては最初のSMTPサーバとならなくてはいけない。

また、自由にSMTPサーバーを使われては困るが、ポート変更とかは許容できない。

そこで、ユーザーに向けSubmissionポートはこのセカンダリに転送することにする。

ルーターのポート転送でやってしまったが、Delegateのtcprelayでも出来るかも知れない。

Postfix側設定

設定には、main.cfに

relay_domains = リレー対象のドメイン名
transport_maps = hash:/etc/postfix/transport

を記述し、transportファイルに下記を追記
ドメイン名 smtp:ローカルIP:25

その後、
# postmap hash:/etc/postfix/transport
として、ハッシュを作った後でサーバー再起動.

pop3対応

外部からpop3も使えるようにしようと思う。これはDelegate使って何とかしてみた。

/usr/local/delegate/bin/delegated -P110 SERVER=pop MOUNT=”/* pop://DefaultServer/*” REACHABLE=”192.168.0.0/24″ REALIABLE=”*”

これでローカルIPな範囲にのみの pop3のプロキシとして働くはず。

POPのユーザー名に、
ユーザー名@処理対象サーバーIP(ローカルの)
としてあげれば、外部から指定されたローカルなメールサーバーへ接続しにいくようになる。

ちょっと格好がわるいけど、これで運用してみようと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする