XenServer

なぜかブートローダー飛んだので

VMWareServerでちくちくと構築していた新環境だったけど、ブートローダーがとんで、
起動も出来なくなってしまったので、再チャレンジ。

と思っていたら、その間に XenServerが無償化したとのニュース。
そこで、こちらのほうを試してみることにしてみました。

起動まで

Raidカードに接続しているドライブではやはり起動できず、
また、GPTパーティションがいるとそれだけでシステム起動できなかった、
(ブートローダーが見つけられない?)ので、色々と手を尽くしてみた。

USBによるブートローダー

とりあえずUSBメモリにブートローダーを仕込み、ここから起動という手順で
今回は対処することにしてみた。

参考にさせてもらったのが、ここです。
http://www.sssg.org/sns/naganuma/weblog/89.html
この通りに、やってみてMBMを使うことで、Raidカード上の論理パーティションから起動させることに成功しました。

XenServer&Centerインストール

ダウンロードしてきたisoイメージで普通にインストール。

クライアントとなるWindowsPCに XenCenterをインストール。
これらは何も問題になることはなかったです。

仮想マシンの作成

最近出たという CentOS5.3を選択したのが間違いでした。

これ、XenServer上では動かすことが出来ませんでした。なにやらドライバ見つからないのかインストーラー途中から進めません。

また、設定のテンプレートもlocalのmediaからインストールできるものを選択しなくてはいけないようです。
これらに注意して、CentOS5.2のディスクからならばインストールができました。

XenServerToolsインストール

仮想VMでマウントしてからの話。
マウントすると linuxってディレクトリがあったので、その中をのぞいてみると、インストーラーとしてのスクリプトがありました。

これを実行するだけで終了。
結果、メモリの使用状況とかがXenCenterのルートからみれるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする