xen on vmware


Vista上でVMwareを使ってCentOSを入れ、さらにその中でxenの構築練習をしようとして失敗。

Domain-0はうまく出来るものの、Domain-Uをインストール時に失敗。
どうやら、外のftpをみることが出来ていない。vmwareのNATやらBridgeとか変更してみたが、xenのxenbr0との理解をしていないためか、それでもうまくいかない。

どこかでだれか、Windows上のVMwareを使ってxenのDom0&Uを構築してみた人はいないだろうか。

ようやくゲストインストール開始

色々と試行錯誤した結果、VMware Workstation6 for Windows上でCentOSをインストールし、その中のxenを使用して、CentOSをゲストとしてインストールできた。

VMwareの設定

割り当てたメモリ量 512M. これではゲストインストール時にちょっと厳しい
ネットワークはブリッジタイプ

Domain0用のCentOSを入れる際

httpdをインストール
IPv4で、事前にローカルの固定IPを割り振っておく

インストール後、Dom0用のカーネルパラメータに、

noapic devider=10 dom0_mem=192M

を追記しておく。このdom0_memが256Mだと、ゲストのインストール用でメモリを確保できない
そして、ゲストインストール時にはDom0でWebサーバーを起動し、ディスクイメージをwww配下にマウントさせて、ゲストから読むようにした。従来までは直接ネットワークを見に行ってインストールしようとしていたが、これをあきらめたのがよかったのかもしれない。

mount /dev/cdrom /var/www/html/os

一応、http:///os にアクセスして、cdromの中身がみれるか確認しておく。確認できたら、virt-install でゲストのインストールを開始。今回は次のような感じで設定してみました。改行してますが、1行で.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする