透明ウィンドウとWindows8


ようやくWindows8が発売されていろいろと話題になっているようですが、Aeroがなくなってしまった点は個人的に残念に思います。また、このAeroがなくなったことで、透明なウィンドウの扱いがちょっと困ったことになっているように見受けられます。

参考: http://umezawa.dyndns.info/wordpress/?p=3335

Windows Vista/Windows7 では、DWMの機能をつかってうまく実現できていたようですが、これが半透明は無効状態になったことで出来なくなったのかなと思います。

具体的に出来なくなっているように見られたのが、DirectXやOpenGLを用いた結果をデスクトップ上に半透明を有効にした状態での合成という点です。単純にアルファ無しの不透明で、背景を抜くような方法についてはうまくいくようです。

今回DirectX用に使ったサンプルは DWMTestという下記のサイトで公開されていたものを利用させて頂きました。

参考: http://nyaruru.hatenablog.com/entry/20060628/p2

また、OpenGL用には自分で作ったプログラムです。うまく行かなくてちょっと試行錯誤していたので、こちらはWin7ではかろうじて動いているもののもしかしたらよくない作りをしているかもしれません。

これらのプログラムをWindows7で動かすとこのようになります。

どちらの場合もDirectX, OpenGLでのアルファ付き描画の結果を、透過なウィンドウに対してうまく動いているように見えています。

これらをAeroをOFFにして動かす(ベーシックやクラシックのテーマで動かす)と、以下のようになります。

透過して欲しいところが全く抜けていない状態となっています。

さて、これをWindows8で動かしてみて画面をキャプチャしてみます。

このキャプチャ結果を見ると一見うまく動いているようにみえますが、先ほどの結果と比較すると色がちょっとおかしいことに気付くと思います。DirectXのほうは概ね問題ないように見え、OpenGL側はちょっとアルファが効き過ぎている、そんな感じでしょうか。

しかし、キャプチャしたデータではなく実際に動かすと、これらの両方ともの透明部分が妙な動きをするのです!それゆえどちらも正常に動いているとは言いがたい状況です。この部分は参考(1)のサイトさんのほうに詳しくかかれています。

まとめ

どうも今までの作りでうまくいっていた半透明ウィンドウ(透過型のアプリ)はちょっと作りを考え直さないといけないのかもしれません。Vista, Windows7とAeroの流れはどうやらここで終わりのようです。半透明のウィンドウ枠は結構好きだったので残念です。

※ Windows8でもこれらDirectXやOpenGLを併用した半透明でもうまく合成できる方法をご存じの方は教えて頂けるとうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする