RhodecodeのActiveDirectory認証

ActiveDirectoryの認証を用いてユーザー認証できるというRhodecodeですが、その説明を書いた部分が見つからないのでここにメモがてら残しておきたいと思います。一応紹介記事ではLDAP/ActiveDirectoryが使える!とあるのにその設定が見つからないのはどうなのだろうと思ったり。

スポンサーリンク

Rhodecodeの設定

ここで試しているRhodecodeは 1.4.3 です。
管理者ユーザーでログインして LDAP の項目を表示させます。そして以下の内容で設定していきます。

  • LDAPを有効にする にチェックを入れる。
  • ホスト: ActiveDirectory(ドメインサーバー)が動いているアドレスを入力
  • ポート: 389
  • アカウント:検索用のユーザー名. なければ適当なユーザー名を。
  • パスワード:上記ユーザーのパスワード
  • 接続のセキュリティ:暗号化無し
  • 証明書チェック:NEVER
  • Base DN: ドメイン名がMYDOMAIN.LOCALの場合だと、 DC=MYDOMAIN,DC=LOCAL と入力する
  • LDAPフィルター: 空欄のまま
  • LDAP検索範囲:SUBTREE
  • ログイン属性: sAMAccountName
  • 名前属性(FirstName): givenName
  • 名字属性(LastName): sn
  • メールアドレス属性:mail

これらの設定で自分の環境ではドメインのユーザーを認証できています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする