GitlabとRhodecodeのメール設定


GitlabとRhodecodeを調べていてメール関連でどちらも設定を放置していたので調べてみました。

スポンサーリンク

Gitlabの場合

gitlab.yml の email セクションの host という項目に対して、メールサーバーのアドレスを設定します。
たいていlocalhostのままなので、ここにメールサーバーのアドレスを記載します。
localhostのままでメールを送れるようにするためには、gitlabを動かしているサーバーでPostfixなりssmtpなりのメールサーバーを動かす必要があります。

Rhodecodeの場合

production.ini ファイルの中に smtp_server という項目があるので、そこにメールサーバーのアドレスを記載します。送信についてSMTP認証がかかっていたりする場合には、smtp_serverの行付近にアカウント情報を設定するような項目があったので、そこで設定してあげればよいように思います。

ついでに、email_prefix という項目もあるので、何かしら設定しておくと、メール振り分け設定の指標になるし便利だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする