Rhodecodeのバージョン更新


1.3.6を以前インストールしましたが、最近は既に1.4.3が出ているようなので以下の手順でバージョンをあげてみました。

バージョンを更新する

production.ini.oldの中身を確認しつつ、新しく作られた production.ini の中身を再設定していく.
自動マージされるらしいのだけど、手元ではうまくいきませんでした。

データベースを更新します。

起動し直します

そういえば更新してみて気付きましたが、言語を日本語の設定にすることが出来るようになったようです。production.iniの中にlangという項目があり、そこにjaを設定することができます。

スポンサーリンク

チケット連携?

rhodecodeのIssue Tracker連携があるかと思っていたのですが、連携というわけでは無く単にリンクが張られるだけのようでした。コミットコメントにチケット番号を記述しておくと、それに対応する
IssueTrackerのチケットへ飛べるだけの機能のようにみえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする