Intel HD Graphics 4000をちょっとはかってみる


グラフィックス性能を上げたというIvyBridgeの Intel HD Graphics 4000 (HD4000)
これについて、どのくらいの性能なのかを計測してみました。

定番の 3DMark 06を動かしてみてその結果を貼ってみます。
ちなみに 3770Tで動作させています。

SM2 :  2222
SM3 :  7165

という結果が出ました。
WinPC 4月号では、 Intel HD Graphics 3000 の場合で、
SM2 : 1641
SM3 : 1383
となっており、かなりの性能UPを実現できていることがわかりました。

また Geforce 7600GT の場合では、
SM2 : 1218
SM3 : 1322
というスコアで、7600GTとHD4000を比較した場合では圧倒的に HD4000が勝利している結果となりました。

Ivyで性能を上げたから、7600GTくらいにはなっているだろうと思っていたのですが、
実は追いついていたのは SandyBridge時代で、Ivyではもう抜いたという事実に驚きました。

これはもう、Intel HD Graphicsは低スペックだから動作サポート外とはいえない性能を持っているなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする