smbclient

WindowsPCのほうにデータをコピー(バックアップ)したくて、久々にLinuxからWindowsの共有をマウントする、ということをしてみました。

そこで驚いたのが、いつの間にかコマンドやオプションが無くなっていること。
mount -t smbfsではそんなタイプ知らないといわれるし、 smbmountコマンドやろうとしたらそれも無いと言われる。

一方、smbclientは入っていたりするので謎でした。
結果は最近のものは、mount -t cifsとしてマウントさせるとのこと。
さらにこの状態では日本語フォルダをコピーしたり出来ないので、適切にオプションを設定してやることが必要

これで何とか出来るようになりました。ちなみにWindowsはVista, LinuxはEUCで保存するようにしているのでこんな感じに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする