描画システムのMultiThread対応


スキニングメッシュもかろうじて表示できたので、諸々の部分をダブルバッファリングにして、描画とメインの実行ループの分離を行ってみました。文章にするとこれだけのことなのに苦戦しましたよ…。

  • DirectXのリソース作成・破棄はメインスレッドでやらなくてはいけない
  • アプリケーションの実行はサブスレッドになる。
  • DirectXは、WndProcが実行されるスレッドで初期化されなくてはならない。また基本的にこのスレッドで実行されるべきである。
  • 当然、描画要求を出してタイミングがきたら描画。このためバッファリング必要

色々と書き換えてようやく、ポイントライトなシェーダーを実行させるところまでは出来ました。しかしスキキングメッシュ関連で、マルチスレッド化に伴いフォルスシェアリングが起こりそうだったので、またスキニングメッシュは表示できない状態へ戻りました…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする